【公式】おもてなしホステル宮島-OMOTENASHI Hostel Miyajima 広島・宮島のゲストハウス

プレスリリース

株式会社エヌエスティー 4事業者と連携 ~廿日市市の観光資源を活用するためのサービス『”西中国山地から瀬戸内海まで”豊かな自然を活用した特化型ツアー「+(プラス)宮島」の開発・販路開拓』を推進~

この度、“ホテルみたいなおもてなし”を提供するゲストハウス「おもてなしホステル宮島」は、有限会社津田交通宮浜観光株式会社佐伯国際アーチェリーランドの3事業者と連携し、『”西中国山地から瀬戸内海まで”豊かな自然を活用した特化型ツアー「+(プラス)宮島」の開発・販路開拓』を計画しました。

それに伴い、中小企業地域資源活用促進法に基づく地域産業資源活用事業計画及び地域産業資源活用支援事業計画を申請し、2018年2月9日に認定されたことをお知らせいたします。

+宮島

広島県廿日市市で最も有名な観光スポットである宮島には、年間450万人もの観光客が訪れ、その数は増加しています。
中でも欧米からの外国人観光客が多く、最近では宿泊を希望する観光客も増加しています。
しかし、宿泊しても宮島以外の観光施設の認知度が低いため、観光客、宿泊客の流出につながってしまっているのが現状です。

そこで、株式会社エヌエスティー、有限会社津田交通、宮浜観光株式会社、佐伯国際アーチェリーランドの4事業者で連携し、廿日市市の観光資源を活用するためのサービス『”西中国山地から瀬戸内海まで”豊かな自然を活用した特化型ツアー「+(プラス)宮島」の開発・販路開拓』を計画。2018年中を目処に販売開始することを予定しています。

”西中国山地から瀬戸内海まで”豊かな自然を活用した特化型ツアー「+(プラス)宮島」の開発・販路開拓概要

観光コンテンツのイメージ
観光イメージ
◇活用する地域資源◇

フィールドアクティビティ、津和野街道、宮島(厳島)、宮浜温泉、重なり岩、岩倉ファームパーク、大野瀬戸、スキー場、羅漢峡

◇観光コンテンツ◇

【スポーツツーリズム】
・地域内にあるさまざまなスポーツ資源によるツーリズム
・廿日市市の特徴である多様なアクティビティを活用

<想定ターゲット>
シニア層/ジュニア層/スポーツを楽しみたい外国人観光客

【自然体験ツーリズム】
・大自然のフィールドや釣堀などの自然資源によるツーリズム
・廿日市市の自然の生き物を活用し生命や自然の大切さを学ぶ

<想定ターゲット>
ジュニア層/自然派志向の外国人観光客

【体験型教育ツーリズム】
・スポーツや自然体験を通じてマナーやソーシャルスキルを学ぶツーリズム
・子ども向け、新入社員向け、高齢者の生涯学習なども視野に展開

<想定ターゲット>
広島県内外の企業・大学/ジュニア層/シニア層

これらのアクティビティを各テーマに合わせて組み合わせてツアー化し、商品化することを目指します。

各事業者の役割

【株式会社エヌエスティー】
「特化型ツアー『+(プラス)宮島』」に関する宿泊受け入れ、宿泊者への紹介、企画立案参画。外国人対象のアンケート調査など。

【有限会社津田交通】
地域内のフィールドアクティビティの地域観光資源を結びつけた「特化型ツアー『+(プラス)宮島』」の推進役、旅行商品の開発、販売

【宮浜観光株式会社】
「特化型ツアー『+(プラス)宮島』」に関する宿泊受け入れ、宿泊者への紹介、企画立案参画。

【佐伯国際アーチェリーランド】
「特化型ツアー『+(プラス)宮島』」に関するスポーツリズム、研修ツーリズムなどの受け入れ、企画立案などに参画。

本件に関するお問い合わせ

E-Mail:info@omotenashi-hostel.com

;