初めてのお客様へ

〜ホステルとは?〜

1、何と言ってもホテルよりも断然格安


初めてのお客様へ

ホステルの一番の魅力と言っても過言ではない「低価格」。
人気観光都市などホテル代相場が全般的に高い地域において、1泊1〜2万のホテルが普通ですが、
ゲストハウスだと例えば、1泊2〜3,000円程度で宿泊可能です。
お手軽料金なので、その分お食事や観光を思いっきり楽しめちゃいます♫

2、清潔・安全


清潔・安全

ホステルと言えばドミトリー(相部屋)タイプという、日本人にはちょっと聞き慣れないお部屋が主流です。
ですので初めての方は「他人と同じ部屋に抵抗がある…」という不安があるかもれませんね。でも、意外と大丈夫なんです!
基本的に皆さんお好きなベッドを選んで、その近くに荷物を置いているのが通常のスタイルです。
気になる方はロッカー・もしくはフロントにてお荷物をお預け可能ですし、貴重品用のロッカーも常設しております。
徹底して毎日清掃も行っておりますので、よく「こんなに綺麗だと思わなかった!」と驚きのお声をいただくことも多いんですよ♫

3、個室も充実!


個室も充実!

ホステルの中でも、おもてなしホステルの自慢は「個室の多さ」です。
和を感じる畳の部屋から、シックな洋風デザインのお部屋など。1名様から最大8名様までご利用いただける豊富な種類の個室をご用意。
もちろん完全なプライベート空間で、テレビや冷蔵庫など設備も充実。
しかも、こちらは平均お一人様4,000円からという驚きの安さ!!!
特に日本人の方に大人気の個室は、一度体験するともうハマっちゃいますよ♫

4、トイレシャワー


トイレシャワー

ホテルとの大きな違いはトイレ・シャワールームが「共用」であること。
各部屋、個室であってもトイレとシャワーはお部屋の中に付いていません。
2F女性専用 3F男性専用 4F共用 と各階にあり、24時間ご利用いただけます。
シャンプー・リンス・ボディソープはもちろんドライヤーも常設しております。
バスタオルや歯ブラシなど必要なアメニティー類は全てフロントにて
レンタルまたは販売を行っておりますので、お気軽にお買い求めください。

5、ラウンジ(コモンスペース)


ラウンジ(コモンスペース)

ホステルの大きな魅力の一つは広々としたラウンジです。
食事やお仕事、団欒など様々なシチュエーションでお使いいただけるお席をご用意。
共用のキッチンは調理器具も全て使用可能で、食材を買ってきて自炊される方も
沢山いらっしゃいますよ。洗濯機・乾燥機(有料)があるのも嬉しいですよね。
漫画や卓球などの娯楽も充実しており、24時間OPENなのでいつでもお気軽にご利用いただけます。

思ったより充実した設備と綺麗な内装ではありませんでしたか?
それでいてこの価格だと気兼ねなく広島観光もできちゃいますね♪

些細な質問でも大丈夫です!いつでもお気軽にお電話ください。

共用

Launge

無料サービス

Launge

有料サービス

Launge

その他のタイプ

ラウンジ

ラウンジ
共用

シングルベッド(ドミトリー)

ドミトリー
2,500円~

シングル

シングル
3,500円~

個室

個室
6,000円~

動画

・ドミトリー動画

・ラウンジ

おもてなしホステルへのアクセスマップ

JR
JR広島駅から山陽本線・五日市駅で下車し広島電鉄・五日市駅へ乗り換え。宮島線・地御前駅で下車し徒歩5分
詳しくはコチラ→JR西日本・おでかけネット

路面電車
広島電鉄・広島駅から地御前駅で下車し徒歩5分
詳しくはコチラ→広島電鉄

お車の場合
<関西方面から>
国道2号経由でJR地御前駅を越えて地御前神社前を左折
<九州方面から>
広島岩国道路大野IC下車、国道2号経由で地御前神社前を右折
※当ホステルの駐車場ご利用の際は事前にご予約が必要になります

飛行機の場合
<広島空港から>
リムジンバスで広島駅へ。それ以降は上記の「JRの場合」か「路面電車の場合」を参照
<岩国錦帯橋空港から>
岩国錦帯橋空港からアクセスバスでJR岩国駅へ。JR岩国駅からJR宮島口駅で下車し広島電鉄・宮島口駅へ乗り換え。宮島線・地御前駅で下車し徒歩5分


広島・宮島・地御前ゲストハウス | Miyajima Hostel Hiroshima Guest House
おもてなしホステル宮島 | OMOTENASHI Hostel Miyajima
〒738-0042 広島県廿日市市地御前5丁目15-10
5-15-10, Jigozen, Hatsukaichi-shi, Hiroshima, 738-0042, Japan
TEL:0829-36-3677
FAX:0829-36-3777

ホステル・ゲストハウス

. . . . . . . . . .