【公式】おもてなしホステル宮島-OMOTENASHI Hostel Miyajima 広島・宮島のゲストハウス

イベント

宮島 管絃祭(かんげんさい)おもてなしホステル宮島前より屋上無料開放

宮島 管絃祭(かんげんさい)おもてなしホステル宮島前より

管絃祭(かんげんさい)
管絃祭(かんげんさい)
管絃祭(かんげんさい)

– 管弦祭のお知らせ –

台風12号の接近を受け、管弦祭の開催中止が発表されました。
楽しみにされていた皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが、どうかご理解いただきますようお願い申し上げます。

中国新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=452138&comment_sub_id=0&category_id=256

毎年行われる宮島の船神事、管絃祭(かんげんさい)

おもてなしホステル宮島は船神事の始まりとなる地御前神社の目の前にあります。
その管絃祭を間近で見ることができます。

おもてなしホステルから曳航の様子を見ませんか?
当日は屋上スペースを解放し、管絃祭の様子を上から見ることができます。
もちろん海岸沿いから見ることもできますよ。
ご利用の際はフロントにてお待ち致しております。
どなたでも無料でご利用いただけます。

・管絃祭の歴史
厳島神社を崇敬し今の姿に造営した平清盛が始めたとされる。都で行われていた管絃遊び(池や川に船を浮かべ管絃を合奏する優雅な遊び)を、厳島神社の祀神を慰める神事として執り行うようになった。
平安時代、厳島は島全体が神とされ人が住むことが許されなかった。そのため、対岸の地御前神社から厳島神社まで管絃船で管絃を合奏する神事を行っていたが、鎌倉時代以降、島内に人が住むようになってからは、厳島神社から管絃船が出御し、地御前神社を経由し還御する現在の姿となる(wikipediaより)

今年の管絃祭は2018年7月29日(日)15時~開催されます(※例年より1時間早く開催)
おもてなしホステル宮島の前に船が戻ってくる光景を観られるのは 地御前神社前19時20分~ です。

・管絃祭プログラム
15:00 発輦祭(はつれんさい)
16:00 御本殿出御
16:40 大鳥居前の儀
18:00 火立岩(ほたていわ)
19:20 地御前神社
20:40 長浜神社
21:30 大元神社
22:10 火焼前(ひたさき)
22:30 客神社前
23:00 御本殿還御

おもてなしホステル宮島ではご宿泊はもちろん憩いの場としてもご利用いただけます。

管絃祭(かんげんさい)
広島県内のホステルでは最大級の広さを誇る共用ラウンジとなっております。売店、大型テレビ、キッチン(調理器具・調味料も多数ございます)、コインランドリーを始め、カラオケボックス、人気コミック、卓球台、ダーツ等の娯楽品も多数取り揃えております。
管絃祭(かんげんさい)
ご家族でお楽しみいただけるように遊具などの設備も完備しております。
お子様も満足の遊具
小さなお子様も楽しめるようにパカポコ、けん玉・輪投げ・スーパーボールすくいなどの体感遊具も充実。

管絃祭 時のご利用お待ちいたしております。

;